フクロウ法律事務所は

費用もご納得頂ける価格に設定。

費用の分割もOK!

後遺障害等級認定もサポート

そして、当事務所には、交通事故に関する相談事例が数多くございます。

私、竹鼻だけが知っている交通事故処理のコツを実際に私の事務所にこられたAさんのご相談をもとにお話し致します。

Aさん 女性 38才 主婦 東京都在住

交通事故

「車を運転していたら、後ろに走っていた車にぶつけられて・・」

車の運転中,Bの車に衝突され、病院で治療をしなければなりませんでした。

竹鼻がお答えします!

1.治療費打ち切り

保険会社は、事故から一定期間経過すると、今後の治療は必要ないとの理由で、 治療費を打ち止めすることがあります。しかし、必要な治療であれば治療費を支払ってもらわなければなりません。 Aは、弁護士に相談しました。そして、今の治療が必要なものなのか証明して請求することにしました。

もし、請求しても治療費が支払われない場合、 最終的には裁判所に治療費支払の可否を判断してもらうことになります。

交通事故による後遺症

症状固定とは、後遺症が残っているが、これ以上治療しても改善しない状態を言います。
Aは、医師から後遺障害診断書を書いてもらう際、どのような点に注意したら良いのかわからず、
弁護士からアドバイスを受けました。医師には、弁護士のアドバイスどおりに診断書を作成してもらい、
満足な等級認定を受けることができました。

等級認定の結果は、逸失利益や慰謝料など賠償額を大きく左右する重要なものですので、
等級認定手続の対策は慎重に行わなければ、後悔することになるでしょう。

診断書を取得

弁護士に相談する前に診断書を取得しました。しかし、等級認定結果に不満があったため、弁護士に相談しました。
弁護士から、どのような診断書を取得したのか、確認されました。

診断書の内容を見て、等級認定が不当なものであれば、 必要資料を集め、異議申し立てを行い、改めて等級認定を求めることになります。

示談書が送付

保険会社から示談書が送ら、示談書の内容を確認してサインして欲しい、とのことでしたが、
その内容が妥当なものなのか、よくわかりません。

Aは弁護士に示談書の内容を見てもらうことにしました。
賠償金の算定基準は、様々です。
例えば、自賠責基準を採るか、裁判基準を採るかによって、賠償額が大きく異なることがあります。
また、過失割合も一般の方はよくわからないことが多いと思います。

Aは、弁護士から示談書の内容についてアドバイスを受け、
請求可能費目や適切な賠償金額の概算を算出してもらったところ、
弁護士から示談書の金額が少ないと教えられ、示談書のサインを止め、交渉を弁護士に依頼することにしました。。

賠償金額の増額

Aさんは、保険会社から提示された示談書の金額に納得いかず、保険会社担当者に賠償金の増額を求めましたが、話し合いは進展しませんでした。
そこで、弁護士に相談し、今後、どのように対応すべきかアドバイスを受け、弁護士から、賠償金の請求には、様々な手段があることを聴きました。
どのような手段を採るべきか(裁判所を使うか否か)、事案によって異なることもわかり、
また、手続が複雑でよくわからなかったので、弁護士に依頼し、賠償金の請求をしてもらうことにしました。

弁護士 竹鼻 友朗

弁護士 竹鼻 友朗

後遺症と過失割合に大きな隔たりがありましたので、訴訟によって解決することにしました。
Aさんは弁護士と一緒に裁判を闘い、納得できる結果を得ることができました。

お客様の声

保険会社の提示する金額が妥当なのかわからなかったので、
勇気を出して竹鼻弁護士のところに相談に行きました。
先生の説明は、とてもわかりやすく、疑問が解決しました。
先生に交渉してもらったら、保険会社が最初に提示した金額と大きな差があったため、びっくりしました。
竹鼻弁護士に依頼してよかったと思います。

些細なことでも結構です お気軽にお問い合わせください

事務所概要や料金について モット知りたい方はこちら

弁護士 竹鼻友朗について

弁護士 竹鼻 友朗

タイ

弁護士 竹鼻 友朗 (たけはな ともあき)

略歴
埼玉県東松山市生まれ
埼玉県立川越高等学校卒業
慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業
東北大学法科大学院卒業
仙台弁護士会に弁護士登録
東京弁護士会に登録換え
趣味・特技
タイ(旅行、歴史、タイ語)
ゴルフ
インターネット,マスメディア(大学で専攻)
取扱分野
交通事故,不動産,借金整理,
知的財産(不正競争防止法,商標法,著作権),
フランチャイズ,医療過誤,相続,離婚,
債権回収,消費者被害,労働問題,企業法務

【さらに詳しい略歴】

生まれは,埼玉県坂戸市出身。
その後は,東松山市内の小中学校,
そして,川越の高校に通いました。
その後、慶応大学に進学し,渋谷の司法試験予備校に通学後、
仙台にある東北大学法科大学院に進学し,司法試験に合格しました。

仙台,というか東北地方とは,大学院まで縁がなかったのですが,
自然豊かで人柄も良い仙台に魅了され,司法修習も仙台で行いました。

仙台の法律事務所に入所し,業務を行ってきましたが,
この度,縁あって池袋に事務所を開業することにしました。

趣味欄に,「タイ」と記載していますが,
私は,大学時代から何度もタイをはじめとする東南アジアを旅しています。
最近は,現地にもたくさんの友人ができ,
旅のスタイルも観光から友人訪問へと大きく変化していったような気がします。

フクロウ法律事務所概要

〒170-0013
東京都豊島区東池袋
1-48-10 25山京ビル401
TEL:03-3988-6630
FAX:03-3988-6631
E-mail:takehana@fukulaw.jp

法律相談のご予約 平日9:00〜18:00
メール,相談フォームは24時間受付。
夜間,土日の相談希望の場合はお申し付けください。
借金のご相談は何度でも無料。費用の分割,法テラス利用可。

フクロウ法律事務所 地図

勇気を出して解決への一歩を踏み出しましょう!

03-3988-6630 受付時間 平日 9:00〜18:00

些細なことでも結構です お気軽にお問い合わせください

事務所概要や料金について モット知りたい方はこちら